申し込みはこちら

人の成長にはノビノビ働ける環境、仕事の中での「学び」が重要です。
薬剤師として「成長できる環境・学べる環境」をシーフォレストは6つのスタイルに セグメントして新しい職場をお探しの薬剤師の方にご紹介しています。
薬剤師転職・求人・募集サイト 「学ぶ薬剤師」では、「学ぶで選ぶ薬剤師転職」を信念に、薬剤師としての成長や、学べる環境を提供します。

育まれた信頼関係から学ぶ。

株式会社大島薬局

「散歩のついでにちょっと顔を見に来たよ。」

大島薬局が開局した頃、医薬分業はまだ一般的でなく、患者様やお客様との何気ない会話の一つ一つが処方箋の代わりでした。だからこそ「OTCで色々な方と普段から関係を持つことは非常に大切」、この考え方は今も全ての基本となっています。「処方箋がないと患者様との関係が築けない」これでは少し寂しい感じがします。朝、お店の前を「おはよう」と出勤していった方が、帰宅時に来店してくれる。薬を購入しに来られたお客様と、健康相談で30分近く話込む。調剤専門店で、処方箋を持たない患者様が、「散歩のついでにちょっと顔を見に来たよ。」と声を掛けてくれる。こういった積み重ねが、大島薬局の大切な財産です。

「接し方の違いを学ぶ」

薬剤師は、話さないと仕事にならないので、「なるべく頑張って話そう」・「来て頂いた時に挨拶出来る関係になろう」と日頃から伝えています。しかし、研修でロールプレイングをやってはいるものの、若い薬剤師にとって、普段から患者様やお客様と関係を持つことは中々難しいと思います。その為、大島薬局では入社後早い時期で、「ただ調剤をするだけでなく、患者様やお客様とのコミュニケーションをしっかりとる事が大切」と伝え、OTC、調剤となるべく多く店頭勤務に出すようにしています。「患者様への接し方と、お客様への接し方」は違ってきます。病気になると、どうしても遠慮する人が多くなりますので、極端な話、普段の栄養ドリンクを買う時と、処方箋を持って来た時の違いをしっかり汲み取って対応出来るようになって欲しいと思っています。しかし、そういった事は勉強会では養えない部分ですので経験を積んでいって頂きます。また、「在宅の推奨」、「薬薬連携」、「調剤助手の出現」など、薬剤師にとって、今後は多職種との連携は今以上に必要になってくると思いますので、現場に入る事で、医療事務・栄養士・登録販売者・美容部員など、他職種との連携を通じて、チーム力も身に着けて欲しいと思っています。色々と考えて仕事は与えていますが、新人や若手にとって、そのような経験を積んだ先輩との毎日の仕事が、一番の勉強になっているのかもしれませんね。

「大島に行けば解決できる」患者様との日常が課題をくれる

医療は常に進化しているので、日々の勉強は必要です。
我々もDI活動や、薬歴のブラッシュアップ、勉強会などを実施しています。しかし、日頃から「大島に行けば解決できるのではないか?」と、来店してくださる患者様に対して、「患者様を理解したご提案」をすることこそ、一番の学ぶ要素だと思います。我々の強みは、「日常から患者様と接することが可能」という事です。日常を知っている私たちだからこそ、体質や生活背景を理解し、変化に気づき、服薬指導の際にもより踏み込んだ話をしたり、提案する事が出来ます。例えば先日、背中の痛みで温湿布の処方箋をお持ちになった患者様に、肌の弱い体質や、最近の生活サイクルが変わったことを考え、「血行が悪いのでは?」と、ビタミンB1剤をお薦めしてところ、翌日完治したと笑顔で来店して頂きました。日常を知っている私たちだからこそ知っている患者様の情報があり、一般薬も含め、最適な提案を出来る環境があります。これからも、店舗数やエリアの拡大ではなく、お店として出来る事を増やして、社員一同「ファーストアクセスで行ける所」・「何かしらの処方箋がなくても行ける薬局」を目指していきたいと思っています。     (取材:株式会社大島薬局 統括本部長 大島崇弘様)

企業概要

社名
株式会社大島薬局
事業内容
保険調剤、訪問薬剤管理指導、一般用医薬品販売、医療機器販売、化粧品販売
本部住所
神奈川県藤沢市藤沢520番地
設立
昭和23年(創業昭和12年)
展開地域
藤沢市(藤沢・鵠沼・大庭・湘南台・辻堂西)、横浜市(戸塚区)
店舗数
9店舗
従業員数
 70名(薬剤師40名)
  • 創業者と創業当時の店舗

    創業者と創業当時の店舗

  • 昔話に花が咲きます

    昔話に花が咲きます

  • 大切な商店街での交流

    大切な商店街での交流

この企業の求人情報はこちら


掲載している案件以外にも、非公開求人も多数ございます。あなたの希望にぴったりの薬剤師求人をご紹介します

企業様お問い合わせはこちら
無料会員登録はこちら