申し込みはこちら

人の成長にはノビノビ働ける環境、仕事の中での「学び」が重要です。
薬剤師として「成長できる環境・学べる環境」をシーフォレストは6つのスタイルに セグメントして新しい職場をお探しの薬剤師の方にご紹介しています。
薬剤師転職・求人・募集サイト 「学ぶ薬剤師」では、「学ぶで選ぶ薬剤師転職」を信念に、薬剤師としての成長や、学べる環境を提供します。

就職活動お役立ち情報

仕事のプラスになる資格

[ ケアマネージャー ]
概要
ケアマネージャーは、正式には「介護支援専門員」という国家資格です。
介護保険制度においてケアマネジメントを実施する有資格者のことです。
要支援・要介護認定を受けた人からの相談を受け、介護サービスの給付計画(ケアプラン)を作成し、他の介護サービス事業者との連絡、調整等を取りまとめを行います。
取得方法
実務経験を5年以上積んだ後(薬剤師など専門的な資格取得者の場合)、都道府県の実施する「介護支援専門員実務研修受講試験」に合格し「介護支援専門員実務研修」の全日程を受講する必要があります。
仕事内容
1,お年寄りやその家族の介護相談
ケアマネージャーの仕事は、お年寄りとその家族からの介護相談から始まります。
依頼は、ご本人やご家族から入ることもあれば、地域包括支援センターなどからあることもあります。
その相談内容をもとに、よりよい介護サービスを受けられるよう手助けをおこないます。
利用者と初めて対面する面談では、ケアマネジャーの役割をきちんと伝えることが大切です。
適切な援助をおこなうには、お年寄りと関わりのあるすべての人やサービス(家族、親族、かかりつけの病院や介護サービス)と連携をとることが必要です。利用者がすでに介護サービスを使っている場合は、主治医や事業所から情報を入手します。
定期的にサービス担当者会議(お年寄りと利用するサービスの担当者、主治医などが集まり話し合いをおこなう場)をセッティングするのもケアマネージャーの大切な仕事ひとつです。

2.要介護認定の書類作成代行
以下の状況になったときには、地方自治体へ要介護認定の手続きが必要です。

・新たに介護保険サービスを利用したい
・病気をして今までよりも介護の手がかかるようになった

要介護認定とは、介護が必要な状態であると市区町村が認定することです。要介護認定を受けることによって、介護保険の給付を受けられるようになります。
しかし、要介護認定の手続きには専門的な知識が必要な上、細かな書類を作成しなくてはなりません。
そこでケアマネージャーの出番。お年寄りまたは家族に代り申請書類を作成し、認定調査を受ける手配をおこないます。

3.ケアプランの作成
ケアプランは、一言で言えば介護サービスの説明書とスケジュール表のようなもの。
ケアマネージャーのつくるこの「ケアプラン」なしには介護サービスを受けることはできません。「訪問介護」や「施設のデイサービス」など、介護の方法はさまざまであり、ケアマネジャーはその中で最適なプランを考えます。
ケアプランはお年寄りとその家族の要望から、どんなサービスがその人に最も必要なのかを吟味してつくられ、どんな目的でいつどんなサービスを利用するのかが記載されています。
ケアプランの作成は、ケアマネジャーの業務の中で、中核的な仕事といえるでしょう。
お年寄りや利用する介護サービス事業所にも配布されるので、解かりやすい言葉でていねいに作成することも大切です。

利用者やご家族に原案を確認してもらい、同意が得られればケアプランにサインと捺印をしてもらいます。
ケアプランに沿って介護サービスを提供するためには、実際に支援を行うサービス事業者の選定が必要になってきます。ケアマネジャーはどの事業者を選定するのか、利用者の意向を尊重して、事業者を選定して連絡・調整を行います。

4,モニタリング
実際に介護サービスが開始されれば、ケアマネジャーは定期的な訪問で健康状態やサービスなどのモニタリングを行います。  

・サービスはしっかりと提供されているのか
・サービスが利用者に合っているのか
・利用者の状態に変化はないのか
・利用者ご本人やご家族は、サービスに満足されているのか

などを確認し、必要に応じてケアプランの変更もおこないます。

5,ケアマネージャーのその他の仕事
上記に挙げた仕事以外にも、ケアマネージャーには

・介護保険の給付請求
・各介護サービスとの連絡調整
・新規利用者の獲得

などありとあらゆる仕事があります。
そんなケアマネージャーの仕事を一言で例えるならば、お年寄りが安心して介護サービスを受けるための縁の下の力持ちといったところでしょう。

▲ ページTOPへ

[ アロマセラピー検定 ]
概要
公益社団情人日本アロマ環境協会の認定資格です。
アロマテラピーとは、植物の香りやさまざまな働きの力をかりて、心身のトラブルを穏やかに回復することを目的とした自然療法です。
日本アロマ環境協会ではアロマテラピーを以下のように定義しています。

・リラクセーションやリフレッシュに役立てる
・美と健康を増進する
・身体や精神の恒常性の維持と促進を図る
・身体や精神の不調を改善し正常な健康を取り戻す

検定には、自分自身がアロマテラピーを楽しむために役立つ知識を証明する2級と、家族や周囲の人の健康維持・増進に役立てるより深い知識を証明する1級があります。
検定に合格した後は、協会認定スクールで所定の科目を履修することでアドバイザー・インストラクター・セラピストといった資格を取得することが可能となります。
取得方法
公益社団法人日本アロマ環境協会が、毎年5月と11月に全国で実施する検定に合格することが条件です。
資格と仕事への活用例
1,アロマテラピーアドバイザー
精油、その他アロマクラフトに用いる材料の使用法や、リラクセーションやリフレッシュなどのアロマテラピーの効用に関する知識を備え、安全面や法律面から正しく社会に伝えることができる能力を認定する資格です。
アドバイザーの活動は、アロマショップ等でプロとして販売に携わったり、一般の方に安全なアロマテラピーをアドバイスしたり、職場の健康管理の一助にアロマを導入するなどの例が挙げられます。

2.アロマテラピーインストラクター
アロマテラピーの専門家として、一般の方々へ、安全で正しいアロマテラピーを実践する為に必要な知識や方法を指導できる能力を認定する資格です。地域の文化教室や専門スクールの講師として活用する他に、ボランティア等を通じて教育活動に携わる例もあります。

3.アロマセラピスト
一般の方々にトリートメントやコンサルテーションを含めたアロマテラピーを提供できる能力を認定する資格です。第三者にアロマテラピーを実践することができ、専門サロンで働く、あるいは自身で開業することも可能です。

薬剤師との関わり
アロマテラピーは代替医療としても注目されていますが、その一方で薬との併用に注意が必要な場合もあります。薬剤とアロマテラピーの両方で専門知識があれば、患者様やお客様に的確なアドバイスが出来るようになります。
また、アロマテラピーの癒しの効果について、薬理学的なアプローチが考えられます。一般の方のニーズも高いため、今後有効な資格となるでしょう。
日本アロマセラピー学会認定薬剤師
一般社団法人日本アロマセラピー学会の会員となり、一定の条件を満たし、同学会の認定試験に合格することで学会認定医療従事者に認定されます。
医療従事者の視点で考えられたメディカルアロマセラピーで、よりダイレクトに医療現場でアロマの力を活かすことが出来ます。臨床でのフィードバックを行い、現代医療の補助療法として活用が期待されます。

▲ ページTOPへ

[ 鍼灸師 ]
概要
鍼灸師という資格は日本国内では存在しません。
はり師ときゅう師は別々の資格であり、鍼灸師は両方の国家資格を所持している者を指しています。

鍼灸とは、東洋医学に基づく身体の経路(ツボ)を鍼や灸を用いた刺激を与えることで身体が持つ自然治癒力を高めて体調を整えたり、苦痛を癒す医療技術です。
基本的な医療知識に加え、東洋医学の専門知識も必須であり、資格取得後も技術的な習熟が求められます。

取得方法
厚生労働省と文部科学省によって定められた学校、養成施設終了することで国家試験の受験資格が得ることができます。なお、修業年限は3年以上となります。
年1回行われる国家試験に合格することで取得可能となります。
仕事内容
1,はり師
患者様の症状に合わせて、適切な場所のツボ(経穴)に金属の鍼を刺して刺激を与えます。この刺激で血流のバランスなどを整え、治療を行います。針に電流を流すこともあります。

2.きゅう師
はり師と同様にツボに刺激を与えますが、きゅう師はもぐさを燃焼させることでツボに温熱刺激を与えます。

活躍の場
鍼灸治療院で鍼灸師として働くほかに、整形外科のリハビリや内科や神経内科などの疾患の治療に鍼灸を取り入れるケースもあるため、病院に勤務する人が増えています。
最近は介護予防やスポーツ分野、美容、リラクゼーション分野、学校保健分野においても活躍が可能となっています。

▲ ページTOPへ

[ スポーツファーマシスト ]
概要
認定薬剤師の1つです。
最新のドーピング防止規則に関する正確な情報・知識を持ち、競技者・指導者・スポーツ愛好家などに対して薬の正しい使い方の指導や、薬に関する健康教育を広めていくことが主な活動になります。
資格は4年間有効となり、更新は下記条件が必須になります。

・毎年実務講習を受講すること
・認定期間中の3年目または4年目に基礎講習会を受講すること
・知識到達度確認試験に合格すること

取得方法
薬剤師の資格を有する者が、基礎講習会と実務講習会の2種類の講習会をそれぞれ3ヶ月受講し、知識到達度確認試験に合格すると、公益財団法人日本アンチ・ドーピング機構から認定されます。
知識到達度確認試験と認定申請はe-ラーニングで受講・申請ができます。
活躍の場
1,ドーピングの防止
競技者や指導者への情報提供や啓発活動が主な活動です。
ドーピング検査は基本的に世界安里・ドーピング機構が毎年公表する薬物リストをもとに行われます。しかし、このリストは成分名、構造名での記載であり、禁止される範囲や条件が多岐に渡るため競技者本人だけで確認することが非常に困難です。その解決策として薬剤師を通じて情報提供をしていくことが主な活動となります。
また、トップ競技者だけでなく、一般の方が参加する市民大会やその他スポーツイベント、教育の現場でも活動は広がっています。

2.運動と薬の関係を指導
スポーツと医薬品、健康とスポーツについて専門的な立場からアドバイスや指導を行うことが可能となります。スポーツ関係者だけでなく、一般の方々、そして医療現場においても患者様に同様の情報提供や啓発活動が期待されています。

▲ ページTOPへ


掲載している案件以外にも、非公開求人も多数ございます。あなたの希望にぴったりの薬剤師求人をご紹介します

企業様お問い合わせはこちら
無料会員登録はこちら