申し込みはこちら

人の成長にはノビノビ働ける環境、仕事の中での「学び」が重要です。
薬剤師として「成長できる環境・学べる環境」をシーフォレストは6つのスタイルに セグメントして新しい職場をお探しの薬剤師の方にご紹介しています。
薬剤師転職・求人・募集サイト 「学ぶ薬剤師」では、「学ぶで選ぶ薬剤師転職」を信念に、薬剤師としての成長や、学べる環境を提供します。

就職活動お役立ち情報

業界について

[ 調剤薬局 ]

調剤薬局で働く薬剤師の店舗での仕事は、開局準備からはじまり、処方箋に基づいた調剤、監査、服薬指導、投薬、薬歴の作成、薬の在庫チェックや仕入れの確認など一連の業務に沿って行われます。

処方箋応需・確認
処方箋をお預かりします(お薬手帳をお持ちの方は手帳もお預かりします)。
初めてご来局した患者様にはアンケートのご記入をお願いしています。
薬歴の確認
患者様が服用されている薬やアレルギーなどの情報を確認します。
調剤
間違いの内容に正確さを求められます。
処方箋に応じて一包化処方や、薬局製剤など、飲みやすくしたり、飲み間違いを防ぐ工夫などもしています。
また、処方箋の内容に不明点があれば、疑義照会も行います。
監査
調剤内容や処方の間違い、重複投薬や相互作用はないかなど、処方箋やお薬手帳の記録なども確認しながら監査をします。
服薬指導・投薬
患者様の症状やアレルギーだけでなく、生活習慣など背景も伺いながらお薬の説明や、飲み方を説明します。 この時に疑問点や新たな発見が生じた場合は、疑義照会や処方提案へとつなげていきます。
薬歴の記載・調剤録作成
今回の患者様とのやりとりをもとに薬歴を作成します。
次に来局された際、スムーズに安全に対応できるよう詳しく記録しておきます。
最近では、電子薬歴を導入している薬局も増加しています。

最近では、「在宅医療」のニーズが高まっているため、薬局外で活躍する場面が増えてきました。
また、在宅医療の現場では、多職種との連携が必須なため、調剤薬局で働く薬剤師にも、コミュニケーション能力が求められる時代になってきました。

▲ ページTOPへ

[ 病院 ]

以前は調剤業務が主な仕事だった病院薬剤師ですが、医薬分業が進むなど、医療環境が高度化・複雑化していく中で、現在の病院薬剤師は、病棟での服薬指導をはじめ総合的な能力が必要とされています。

また、病院でのチーム医療は、医師・看護師・薬剤師などそれぞれの分野の専門家が意見を出し合い、連携しているので、薬の専門家として、より高度な知識が必要になってきています。

調剤業務
処方内容に応じて、飲み合わせ・副作用・量・飲み方などのチェックを行い、それぞれに適した形で調剤します。
また、必要に応じて病院独自での医薬品の製剤を行うケースもあります。
服薬指導(外来・入院)
患者様が薬を正しく使えるよう、薬の効果・使い方・注意点などをお伝えします。
また、患者様からの質疑にも対応します。
薬歴管理
処方内容が適切であっても、複数の科目で診療している場合、一緒に服用することで、相互作用が起こる場合があります。
これを未然に防ぐために、患者様の薬物療法の情報を集約、管理します。
注射薬調剤業務
注射処方せんを薬剤師が監査し、注射薬を調剤します。
手順としては、"処方鑑査"→"混合準備"→"計量(無菌混合調製)"→"混合後鑑査"→"個人別セット"
→"最終鑑査”。注射薬は効果が強いので、使用上の注意と安全面への配慮が求められる仕事です。
DI業務
薬剤師は、情報の収集・整理・保管・評価・供給を行っています。
また、医師や看護師からの薬に関する質疑に対応するなど、薬のスペシャリストとして、医薬品情報の管理や提供もしています。
医薬品の管理
病院内での、医薬品の購入~供給まで一貫した管理を行うのも薬剤師の仕事です。
取り扱う医薬品は、内服薬、外用薬、注射薬、検査薬、血液類、放射性医薬品など多岐にわたります。

▲ ページTOPへ

[ ドラッグストア ]

増大する医療費の抑制として、国民自らが自身の健康を管理する「セルフメディケーション」が奨励されニーズが高まっており、その重要拠点であるドラッグストア業界に現在注目が集まっています。
また、積極的に調剤業務に力を入れている会社や、在宅への進出などドラッグストアの担う範囲は広がってきています。

OTC 医薬品(市販薬)の販売
患者様の表情や、話しの内容から、疾病や生活習慣、課題を読み取り、お薬のご案内だけでなく、生活習慣などもアドバイスします。
専門的な知識を用い、適切なコミュニケーションを図る、薬剤師の真骨頂です。

▲ ページTOPへ

[ CRO・SMO ]

国(厚生労働省)から「薬」として承認をうけるために行う臨床試験のことを「治験」と呼んでいます。
治験は、薬事法とGCPという世界基準に沿って行われます。
被験者の人権や安全を守り、医師の指導の元、信頼性の高い治験や臨床試験がスムーズに行われる一翼を担うのが、CROやSMOの役目です。

CRO [※CRA(臨床開発モニター)]
モニタリング業務
治験が正しく進行しているかどうかを確認(モニター)する仕事である。
医療施設をこまめに訪問し、交渉を重ねるなどして、スムーズな治験の進行をサポートする。
データマネジメント・統計解析業務
臨床試験の症例報告書を、電子データ化するためのデータ入力業務やシステム構築、記載事項にミスがあった際の臨床試験依頼者やモニターへの伝達、統計解析部門へのデータベースの引き渡し等が主な業務です。 また、データベースを基に、統計学的な観点から解析・分析し、臨床試験の結果をデータとしてまとめます。
メディカルライティング
薬事法を初めとした関連法規やガイドラインを遵守しつつ、臨床試験や承認取得に必要な申請書類や報告書、論文などを、効率的に作成していく業務のことを指します。
SMO [※CRC(治験コーデュネーター)]
治験管理業務
GCPの基準に沿って、治験の進行状況やデータの管理、記録・報告書の作成、被験者の方へのインフォームド・コンセントやサポートなど、治験業務がスムーズに行われるよう、業務全体を支援します。
高度な専門性も求められますが、同時に、高い対人能力が求められます。

▲ ページTOPへ

[ 製薬メーカー ]
研究・開発
基礎研究から、新薬開発に向けた創薬の研究や申請用データ収集のための非臨床試験、薬を製造するための技術研究、臨床試験では分からなかった副作用の検査など、様々な研究業務を担当します。
新薬の完成には10年~20年の長い期間と、新薬が認可されるまでに多いものでは1000億という莫大なコストがかかります。そのため、研究・開発職には地道な努力と忍耐力が必要です。
MR
MRはMedical Representativesの略で医薬情報担当者と訳されます。
主に自社製品の適正な使用と普及を目的に、正確な医薬情報を医療関係者に提供し、医薬品の適正な使用と普及を図ることが仕事です。
そして副作用や相互作用の情報収集、製品のクレーム処理などを、学術部門や研究開発部門に持ち帰るのも大切な仕事です。
MRは、製薬会社と医療関係者の橋渡しをする仕事です。

▲ ページTOPへ

[ 医薬品卸 ]

医療用医薬品は、製薬メーカーから直接医療機関に届けられることは禁じられているため、医療用医薬品は、医薬品卸を経由して医療機関に届けられます。
そのため、医薬品卸の果たす役割は大変大きな位置を占めています。

MS(マーケティング・スペシャリスト)
医療機関との価格交渉を含めた販売活動を行う、医薬品卸企業における営業職の位置付けです。
また、市場ニーズの把握や販売活動だけでなく、医薬品情報の提供や、医療関連制度・法律などの情報、経営に関する情報提供、など、課題解決も共に行い、コンサルタントとしての一面も担っています。
管理薬剤師
医薬品卸の管理薬剤師の仕事です。
特定のメーカーや、医療情報に偏ることなく、幅広く薬剤師の知識を生かし、公平な医療上を提供してMSの活動を支援します。また、MSが働きやすいよう、資料作成をすることも大切な仕事です。
管理薬剤師の仕事は、多くの医薬品を扱うための商品知識だけでなく、薬事法や医療法などの法律の知識も必要になってきます。

▲ ページTOPへ


掲載している案件以外にも、非公開求人も多数ございます。あなたの希望にぴったりの薬剤師求人をご紹介します

企業様お問い合わせはこちら
無料会員登録はこちら